HOME > リンパドレナージュとは

リンパドレナージュとは?

リンパドレナージュの歴史、効果について

リンパドレナージュとは、フランスの医学博士 エミール・ボッダー氏によって開発された、身体機能や美容効果を高める特殊な手技技法です。
リンパドレナージュとは直訳すると「リンパ排液法」という意味で、リンパの流れを促進し、体の中の不要な老廃物を排泄し、全身の循環を活性化させます。

リンパとは?

私たちの体の中には体重の約6割を占める体液(水分)が流れています。リンパ液はその体液の1つです。
リンパ液は体内に入った病原菌やウイルスなどを撃退したり、細胞からの老廃物を運んだり、栄養分を運んだりする働きをしています。
リンパ液が流れているのがリンパ管、そのリンパ管が集まっているのがリンパ節です。
リンパ節は全身に約800箇所あり、その中でも鎖骨の上、首、わきの下、足の付け根、腹腔内、膝の裏などには大きな節があります。
このリンパ節でろ過し、有害物質が体内に進入するのを防いでいるのです。

リンパの流れが滞ると?

リンパ液の流れる速度は非常にゆっくりで30秒間に約12cm。この速度は眠っているときや疲れているとき、また神経が緊張していたり 寒いときなどはさらにゆっくりになります。
リンパ液には血液をポンプ作用で送りだす、心臓のような役目をするものがありません。そのため、筋肉の圧力と弁の相互作用でリンパ液は静脈まで送られていきます。
この流れがうまくいかないと、むくみが生じ筋肉疲労をおこしたり、冷え性、ストレス、不眠症、神経痛など、さまざまな症状をもたらします。
また、むくみを放置しておくと新陳代謝が悪くなり、太ももの後ろやヒップのセルライトにつながることも。 さらに、顔のリンパ液が滞るとむくみだけでなく、肌荒れ、くすみにもつながります。

リンパドレナージュの効果は?

上記のような症状には適度な運動、入浴、マッサージが効果的となります。
リンパドレナージュによる効果は
・全身の筋肉が回復し、運動機能が高まる
・老廃物が排泄され栄養素が供給される
・むくみがとれる
・セルライト予防
・しわの予防
など医学的研究や美容面でも効果があるといわれています。